2012年3月アーカイブ

印鑑の日

| | コメント(0)

皆さん、こんにちは。

皆さんは、印鑑の日というものが存在する事をご存知でしょうか。
銀行印や認め印などと、生活に密着していますよね。

ただ、なかなかその日を知っているという人は少ないのではないかと思います。
正式名称としては、「印章の日」という名称にはなりますが、10月1日となります。

なぜ、この日なのかといいますと、明治6年に大政官布告により、実印のない公印文書は無効となりました。つまりは、実印の重要性が示された日となります。
はんこの文化としては、もっと昔より使用している事は、わかっていますが、正式にその重要性が示された日は、この日となります。

この日より、正式に日本の印鑑の文化が始まった事となります。