旧約聖書に見るハンコ

| | コメント(0)
聖書には、ハンコについての記述があちこちあると言われています。
あまり知られていないことですが、ハンコ、印鑑と言えば日本のものと
おもっていたら大変。もともと印鑑は西洋、それも古代文明で生まれたものなんですよ。

だとすると、聖書に記述があってもおかしくないかもしれませんね。
日本では現在でも印鑑は重要なもので、様々な種類の印鑑が様々な用途で
日常的に使われていますが、アメリカをはじめ、
サインで対応する国もあるようですね。

聖書の中のハンコはどんな記述なのでしょうね?
そのあたりを知っている方、ぜひ教えてほしいと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoが2011年8月26日 14:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「血判も印鑑でしょうか?」です。

次のブログ記事は「銀行印はもちましょう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。