2011年6月アーカイブ

宅配便はとても便利なもので、ドアまで荷物を確実に持ってきてくれます。

その時に受けとのとして印鑑を押すのですが、もちろんサインでも良いのです。


極端な例ですが、例えば、あるお宅に行き、印鑑を下さいというと、

今ここにないと部屋に戻ろうとして言え言え、

サインでOKですということになります。

その方は、その家の苗字をサイン貸すするわけですが、

実は泥棒だったなんていう話があります。

られたものは金額的には高いものではなかったのですが、

誰でもサインをしてもOKになるということですね。

たいていルートが決まっていて、家の場合、

顔を知っていることが多いよう。


今回の話は、印鑑さえあれば確かなのにというものですが、

サインそのものは本当に便利ですね。