印鑑の書体について

| | コメント(0)

せっかく作る印鑑ですから、自分が好きな書体も選びたいですね。たいてい印鑑を作るというと、実印、銀行印、認印の3種類ですが、全ての書体が同じということではなく、特に実印に関しては、偽造防止のため、それでいて風格のある書体というのが良いのではないでしょうか?そこで、中国から伝わってきた篆書体やそれを原型として印相体がおススメです。一見読みにくいのが特徴ですが、迫力があります。銀行印は篆書体、認印は一般的で読みやすい古印体が無難でしょう。基本的には好きな書体を選べば良いのですが、使うシーンに合わせた書体選びは大切なようです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoが2011年1月31日 14:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「遺言状を作るとき」です。

次のブログ記事は「試し押しの紙はきちんと捨てましょう。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。