印鑑の保存・お手入れ方法

| | コメント(0)

朱肉には油質が含まれているので、長年使っていくとそれが印鑑に染み込んで、枠などの部分がもろくなりがちです。長持ちさせるためには、こまめなお手入れや、印材によっての最適な方法で保存する事が大切です。

比較的お手入れのしやすいのが、「玄武」「彩樺」「楓」「アグニ」等のエコ(グリーン購入法)印材や、「チタン印鑑」です。押印のあとに朱肉を拭き取る等のこまめなお手入れで印鑑を長持ちさせる事ができます。

「黒水牛」「オランダ水牛」は乾燥にとてもデリケートな印材です。保管環境に対しても、太陽光や照明の下に長時間あたりますと簡単にヒビ割れすることがあります。ケースに入れて金庫等の冷暗所に大切に保管して下さい。エアコンや冬期の乾燥には特にご注意頂き、年に1度は(特に冬場)オリーブオイルや菜種油などの天然オイルを、印面に1,2滴落として軽く拭き取って保管しておきましょう。

「琥珀」は落とした場合に割れたり欠けたりしやすい性質がある為、必ず印鑑ケースに入れて保存してください。そして、ときどき柔らかい布で拭いて下さい。湿気のあるときは柔らかい布で拭き、かなり汚れのひどい時だけぬる目の石けん水で洗ってもさしつかえありませんが、乾燥後はオリーブ油を少量 ぬって光沢をもとに戻しておくと良いでしょう。また、火には弱いので、ご注意ください。

「象牙」「マンモス」は天然物の中でも黒水牛や牛角よりも乾燥等によるヒビ割れに強く、お手入れは水で洗ってもいいですが、その時は水分をきれいに乾いた布でふき取り、日陰干し(直射日光を避ける)の状態であれば汚れや、ほこりはきれいにとれます。光沢を出したいと思われたら、湿った布でほこりなどをふきとり、その後、家庭にある白い色の光沢剤(ワックス)で磨かれた後、布のきれいな部分で軽くこすられたら輝きは戻ります。大切に保存することにより一生お使いいただける印鑑材料です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoが2010年4月 1日 14:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「訂正印の押し方」です。

次のブログ記事は「印鑑を紛失した場合」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。