印鑑の保管方法

| | コメント(0)

はんこ の保管方法は、皆さんどのようにされておりますでしょうか?

人によってさまざまさと思いますが、ほとんどの方は、認め印や三文判以外の重要な はんこ は、金庫に保管していると思います。

しかしながら、金庫を破られたり、持ち帰られる事まで考えると、いくつか対応をしておかなければなりませんよね

実印と印鑑証明書は別個に保管することが基本です。

もちろん銀行印と預金通帳も同じことが言えます。

印鑑証明書と、実印では、二つそろって意味が出ます。

ですから、実印とは個別に保管し、印鑑証明書は必要な部数だけ取るようにしましょう。

そのカードは、登録の実印、免許証など住所・氏名がわかるものとは一緒にしない。 

カードがあれば、誰でも印鑑証明書がとれます。

しかし、カードには、本人の住所・氏名が記載されていません。 

ですから、カードは、実印、免許証など住所・氏名がわかるものとは一緒に置かないように気をつけましょう。

 実印は、管理のしっかりした、銀行の貸し金庫に預ける方も多くおられます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoが2008年1月 8日 20:04に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「セキュリティー機能の持った、銀行印」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。