印鑑証明書

| | コメント(0)

印鑑証明書とよく呼ばれておりますが、実は、正式名称を「印鑑登録証明書」といいます。

印鑑証明書は、主に不動産や自動車の売買、公正証書を作成するときに使用され、実印を捺印し提出した人が、その本人であるということを証明することにより、地方公共団体等の第三者が、本人の正当性を、保証するものとなります。

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoが2008年1月10日 21:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セキュリティー機能の持った、銀行印」です。

次のブログ記事は「印鑑は不要!?金融機関の次世代窓口」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。