LLP 設立

| | コメント(0)

LLPとは、日本語では「有限責任事業組合」と言う名称になります。このようにLLPは商法上の法人ではなく、難しくなりますが民法上の組合になります。ま、判りやすく言うと通常の会社(株式会社など)ではなく、生協や農協のような組合をイメージしてもらうと判りやすいかもしれません。 まず、LLC同様にスピーディな経営が可能になると言う点です。 LLPは商法によって設置が定められた機関は組合員総会のみで、その他の機関については自由に設置しても良いことになっています。重要な事項については、この総会のなかで全社員の同意をもって決定します。

合同会社 LLP 設立 印鑑

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoが2008年1月27日 10:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「LLC設立」です。

次のブログ記事は「認め印とは。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。