2008年1月アーカイブ

LLP 設立

| | コメント(0)

LLPとは、日本語では「有限責任事業組合」と言う名称になります。このようにLLPは商法上の法人ではなく、難しくなりますが民法上の組合になります。ま、判りやすく言うと通常の会社(株式会社など)ではなく、生協や農協のような組合をイメージしてもらうと判りやすいかもしれません。 まず、LLC同様にスピーディな経営が可能になると言う点です。 LLPは商法によって設置が定められた機関は組合員総会のみで、その他の機関については自由に設置しても良いことになっています。重要な事項については、この総会のなかで全社員の同意をもって決定します。

合同会社 LLP 設立 印鑑

LLC設立

| | コメント(0)

LLCとは? LLCですが結論から言うとLLCは新しい形の会社、もう少し詳しく言うと、比較的簡素な組織で、有限責任の会社です。 

まず、会社(ここでは普通法人を指します)は株式会社、有限会社(新会社法の下ではなくなります)、合名会社、合資会社に分類されます。

株式会社、有限会社は皆さん良く聞くと思いますが、簡単に言うと、比較的厳しい縛りがあるものの、出資者の責任は有限です。

たとえば、出資先の会社が大損害を出しても、出資した株券が紙切れになってしまいますが、それ以上責任を追及される事はありません。

これに対して、合資会社、合名会社は縛りはゆるいのですが、出資者は無限の責任を負います。

上の例でいきますと、出資した会社が大損害を出すと、出資者は出資の金額だけでなく、それ以上の負債を引き受けなければなりません。これが無限責任といわれるものです。

正直これでは、出資なんか怖くて出来るかい!って事で出来た新しい会社組織がLLCなのです。

つまり、LLCは合名会社、合資会社の柔軟で簡素の組織を持ちながら、出資者の責任は出資額が限度、最悪でも、出したお金が返ってこないだけですんでしまう会社なのです。

株式会社と合資、合名会社のいいとこ取りの組織形態ですね

LLC設立 印鑑

会社設立

| | コメント(0)

会社を設立時の登記申請や、会社設立後の決算申告、給与計算、源泉処理と多くの税務業務など、はじめて会社を設立する方には、いろいろな不安や、疑問がつきまとうと思われます。

また、法人登記時には、印鑑が必要となります。会社 実印・会社 銀行印・角印の3本そろった会社設立セットが便利です。
 
開業支援経験豊富で、会社設立、助成金申請、融資申請、税務、許認可届けなどをサポートし、会社設立・起業を全面的にバックアップされる 税理士さんとのお付き合いも今後必要となりますね!税理士 東京 税理士 大阪

ネーム印

| | コメント(0)
ネーム印は、シャチハタでよくしられておりますが、そのシャチハタから、「個性、あざやかに、こだわりは、さりげなく。個性を主張したい人のために。」といったコンセプトのネーム印、そして、洗練されたイメージで、今までにない存在感となつ印のシーンを鮮やかに、印象的に彩る『NAME9 Vivo』が誕生しました。ビジネスの大切な場所やオフィス、ショップなどで、持つ人の個性をさりげなく主張します。エレガントな6色のカラーバリエーションから、お選びできます。
チタンは、メガネフレーム、時計、カメラ、アクセサリーや、自転車、オートバイなど、日常生活用品をはじめ、生体適合性が良いので、人工骨、人工歯根、心臓ペースメーカー等の医療器具のほか、海洋では深海調査船、海上横断架橋、海水淡水化装置等に耐食性を活用しており、また航空機でも、ジェットエンジン、機体にも使用されています

婚姻届けは、  夫婦それぞれの印鑑、そして  証人二人の印鑑と署名をもって、夫または妻の住所地か本籍地の市区町村役場に届出いたします。

婚姻の条件は、男子は18歳女子は16歳以上であること(未成年者は父母の同意は必要)、 直系血族または三親等以上の傍系血族でないこと、養親子関係でないこと、女子は離婚後6ヶ月を経過したこと、などがあげられます。

あらかじめ指の静脈パターンを登録し、店頭にある認証装置に指を置いて本人を確認して、伝票や印鑑、通帳を使わなくても各種の申し込み手続きや入金、出金などができる。 金額などはタッチパネルで入力する。住所や口座番号などを記入する手間がかからない 入出金などの手続きを顧客がタッチパネルで操作して、生体認証で本人を確認するため、手続きが効率的になる。既に京都銀行が採用を決めたほか、複数の金融機関が導入を検討している。 [日本経済新聞 2007年 8月8日] 今の日本の危機管理感がそうさせているのかもわからないが、印刷の文化、押印の文化などさておき、何でもかんでも電子化することが、本当にいいことなのだろうか? アナログ社会に、取って置き換えられない部分が、近い将来きっと見えてくるに違いないと思う。

印鑑証明書

| | コメント(0)

印鑑証明書とよく呼ばれておりますが、実は、正式名称を「印鑑登録証明書」といいます。

印鑑証明書は、主に不動産や自動車の売買、公正証書を作成するときに使用され、実印を捺印し提出した人が、その本人であるということを証明することにより、地方公共団体等の第三者が、本人の正当性を、保証するものとなります。

セキュリティー機能の持った、銀行印「ダイヤルバンク印」

 2006年2月に施行された預金者保護法によって、キャッシュカードの不正利用に関しては預金が補償されることになり、通帳と印鑑を用いた不正引き出しについては、自己責任となるのが現状であります。

まず、自分の好きなダイヤル番号の印影で銀行に登録し銀行で引出す際には登録したダイヤル番号に合わせ、ご使用後はランダムにダイヤル番号を回転させ、印影を変化させておいてください。こうすることで、万が一盗難にあってもあなたの登録印影=ダイヤル番号はあなた以外の誰にもわかりませんので、大切な預金を不正に引出される危険性が非常に低く、安心です。(副印を廃止している金融機関に限ります。)

印鑑の保管方法

| | コメント(0)

はんこ の保管方法は、皆さんどのようにされておりますでしょうか?

人によってさまざまさと思いますが、ほとんどの方は、認め印や三文判以外の重要な はんこ は、金庫に保管していると思います。

しかしながら、金庫を破られたり、持ち帰られる事まで考えると、いくつか対応をしておかなければなりませんよね

実印と印鑑証明書は別個に保管することが基本です。

もちろん銀行印と預金通帳も同じことが言えます。

印鑑証明書と、実印では、二つそろって意味が出ます。

ですから、実印とは個別に保管し、印鑑証明書は必要な部数だけ取るようにしましょう。

そのカードは、登録の実印、免許証など住所・氏名がわかるものとは一緒にしない。 

カードがあれば、誰でも印鑑証明書がとれます。

しかし、カードには、本人の住所・氏名が記載されていません。 

ですから、カードは、実印、免許証など住所・氏名がわかるものとは一緒に置かないように気をつけましょう。

 実印は、管理のしっかりした、銀行の貸し金庫に預ける方も多くおられます。